節約生活&英語子育て日記♪ 節約情報・簡単レシピのほか、オススメ英語教材や英語絵本も紹介していきたいと思います♪
↓後からゆっくり読まれるなら…↓


RANKING
にほんブログ村 子育てブログへ
人気blogランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
【英語カテゴリー】に参加中です♪
他にも「英語子育て情報」がたっぷりっ(*゜v゜*)♪
ABOUT
10年前まで主婦も育児も新米でしたが、今では2児(♂)の母してます♪

【 管理人(みぃ)へのお問い合わせ先 】

ワンクリック募金

ワンクリック募金って何?という方はコチラへ。
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS

    アメリカ英語とイギリス英語




いつも新米主婦&ママっぷりをたっぷりとお届けしておりますが(笑)、
今日はまじめに?英語のお話をおひとつ♪

今、日本で勉強している英語。

英語って、もちろんひとつの言語ですよね。

でも、周波数でみると、

アメリカ英語とイギリス英語は、違うんですっ(*o*)!
【周波数の違い】
・アメリカ英語→ 500から3700ヘルツ

・イギリス英語→ 2000から12000ヘルツ

・日 本 語→  125から1500ヘルツ
みぃのイギリス英語が聞き取りにくい原因がこれで解決しました( ̄m ̄〃)♪ ←言い訳(笑)。

ちなみに日本での英語教育は、
イギリス英語とアメリカ英語が混在されているそうです…(^^;)
(単語はアメリカ英語中心です。)

例えば…。

・おむつ→【アメリカ】a diaper / 【イギリス】a nappy

と違います。

アメリカでnappyと言ってしまうと、
「頭にくる!」という形容詞になります(笑)。


実は、幼児英語教材も
この周波数幅の広いイギリス英語に注目して作られた教材があります。

それはっ!
こちらです!↓↓↓
 
エンジェルコース(アルク)
【価格(税込)】一般: 30,450円(アルク会員: 27,300円)

学者ではないので詳しいことはわかりませんが、
人間は聞いたことのない音は認識できないという理論があります。
(アルフレッド・トマティス博士の理論)

冒頭にも言いましたが、
イギリス英語のほうが周波数幅が広いんです!

…ということは?

周波数幅が広いイギリス英語を聞いていれば、
周波数幅の狭いアメリカ英語の音は聞き取りやすくなる
ということになりますっ(* ̄▽ ̄*)ノ"

…という事で。

みぃは妊娠していたときから聞かせています♪
もちろん、今も聞かせています♪

息子あ〜ちゃんはまだ日本語すら話せないので(現在5ヶ月)、
楽しみながら聞いている…という感じですが…(^^;)♪

はたして、その成果はいかに?!
(結果がわかるのは1年後????)
楽天おすすめ商品

2006.02.18 Saturday 07:25 / comments(4) / trackbacks(0)
英語&留学話♪一覧へ / ▲*節約しながら*英語で子育て*のTOPへ
コメント
はじめまして♪
イギリス英語とアメリカ英語全然違いますよね。
さらに地方に行くとなまりがすごくて同じ英語に聞こえませんでした(T^T)
アルクの教材いいですよね☆
* さおり * 2006/02/20 7:52 AM
>さおりさんへ

コメントありがとうございますっ(*^_^*)♪

本当にそうですよね!
みぃは未だにイギリス英語が苦手です…(^^;)

そう!
イギリスに留学していた友達もさおりさんと同じこと言っていました!

お〜〜〜〜〜〜〜!
さおりさんも「アルク」派ですか?

みぃもアルク大好きです♪

英語勉強する人はアルクの教材を知らない人はいないですよね(笑)♪

これからもぜひぜひ英語話のとき(それ以外も(笑)?)
遊びにきてください♪
* ★さおりさんへ * 2006/02/21 8:24 AM
はじめまして。ブログランキングから来ました。
子どもが通っている英語教室の先生がイギリス出身なのでこれは良かったって事かな?
私が英語全くダメなのでブログに英語のカテゴリ入れるか悩んでいる所ですが、参考にさせてもらいます。また遊びに来ますね。
* yayoism * 2006/02/26 9:38 AM
>yayoisumさんへ

初めましてっ。
コメントありがとうございますっ(*^_^*)♪

まぁ!
ランキングからいらっしゃったんですねっ♪

周波数に関してはイギリス英語がいいそうですよ♪

これからも
少しでもお役に立てれるように
頑張りますっっo(*^▽^*)o~♪
* ★yayoisimさんへ * 2006/02/27 7:06 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mikmik.jugem.jp/trackback/163
トラックバック