節約生活&英語子育て日記♪ 節約情報・簡単レシピのほか、オススメ英語教材や英語絵本も紹介していきたいと思います♪
↓後からゆっくり読まれるなら…↓


RANKING
にほんブログ村 子育てブログへ
人気blogランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
【英語カテゴリー】に参加中です♪
他にも「英語子育て情報」がたっぷりっ(*゜v゜*)♪
ABOUT
10年前まで主婦も育児も新米でしたが、今では2児(♂)の母してます♪

【 管理人(みぃ)へのお問い合わせ先 】

ワンクリック募金

ワンクリック募金って何?という方はコチラへ。
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS

    「適性・適職診断」やってみました♪




さなさんのこの記事に「適職診断」という面白そうなものを発見っw(*゜o゜*)w
内閣府の委託により株式会社学生援護会が企画・運営している由緒正しいサイトのようですっ(・0・。) ♪

…ということで、早速やってみました(* ̄▽ ̄*)ノ"
(今は働いていないけど…ρ(´ε`*))

結果は…。
仕事: 自分の趣味を活かした仕事に向くタイプ
性格: マイペースの学究肌タイプ
特に向いている職種は?
自分の趣味を活かした仕事。ライター、イラストレーター、書道家、陶芸家、フラワーアレンジメント、人形づくり、料理家、ピアノの先生、エッセイストなど。
…との事でした。

「自分はつくづく会社人間ではないな〜。」
と、毎日葛藤しながら働いておりましたが(笑)、
それは自分の趣味ではなかったからなんでしょうか…(笑)?

会社人間になりたての時期に、ある尊敬する上司から、
「会社の組織の一員になるって事は、上が「白を黒」と言ったらそれについて行くことなんだ。」
と悟られたことがあるくらいでしたから…ヾ(;´▽`A``
(かなり向いていなかった(笑)?)

ただ…。
趣味は趣味のままにしておきたいという思いに駆られることがあります。ビジネスにしてしまった時、趣味としての楽しさが奪われてしまうような気が…( ̄~ ̄;)ムズカシイ…


みなさんはどうでしたか…(*゜v゜*)?

*******************
【追記】民間の別のサイトでも適職診断がありましたっ♪


【今日のアフィリエイト広告】
株式会社アイ・アム(リンクシェア)
楽天おすすめ商品

2005.11.25 Friday 08:47 / comments(4) / trackbacks(2)
ひとり言♪一覧へ / ▲*節約しながら*英語で子育て*のTOPへ
コメント
やっぱり同い年だったんですね
(o^-^o) ウフッ
これからはタメとしてもよろしくお願いします♪
さっそく診断やってみました。
私は、事務や管理系の仕事などが向いている
いて、タイプは良妻タイプ
向いてる仕事は保育士や学校の先生などだそうです。かなり現実派なんでしょうか?
みぃさんは芸術派タイプで羨ましいです!
* プーママ * 2005/11/26 3:44 AM
>プーママさんへ
そうなんですっ、同じ年でした♪
プーママさんは料理上手だしお花を生けたり、すごいな〜と思っていたのですが、やはり良妻タイプだったんですねっ!!
オオーw(*゜o゜*)w
私は掃除も料理もいつも中途半端なので(笑)、逆にプーママさんが羨ましいですっ!
* 管理人(みぃ) * 2005/11/27 2:51 AM
私もやってみましたよ〜
芸術家タイプだって(笑)
勝手ながらトラバさせてもらったので、
またヒマな時にでも覗いてみてくださいネ♪
* あゆた * 2005/11/30 12:16 AM
>あゆたさんへ
あゆたさんは芸術家タイプだったんですねっ♪
かっこいいっヾ(≧▽≦)ノ♪
ではでは、早速遊びに行きますっ♪
* 管理人(みぃ) * 2005/11/30 4:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mikmik.jugem.jp/trackback/100
トラックバック
適性・適職診断
*節約しながら*英語で子育て*のみぃさんの所で見た「適性・適職診断」 面白そうなので、さっそく私もやってみました〜 仕事:組織で働くより、独立した仕事が向くタイプ 性格:かなりクールな芸術家タイプ 特に向いている職種は? 作家、画家、彫刻家、作
| あゆたの家計簿 | 2005/11/30 12:14 AM |
学生援護会
学生援護会学生援護会は、日本の出版社である。本社は東京都新宿区市ヶ谷。1967年に、日本で初めてのアルバイト情報誌「アルバイトニュース速報」(現、an首都圏版)を創刊する。その後、全国展開し、就職情報誌も発行、付随する業務を拡大している。.wikilis{font-size:1
| 日本の出版社の歴史 | 2005/12/09 10:14 AM |